2010年04月24日

【くらしナビ】健康は「質の高い睡眠」から 快眠グッズ+眠るための知識も大切(産経新聞)

 生活時間の変化やストレスの増加などで睡眠不足に悩む人が増えている。政府は中高年の自殺の原因ともなる「鬱病(うつびょう)」の早期発見には睡眠が重要と位置づけて、「眠れてますか?睡眠キャンペーン」を展開中。睡眠の質の向上が社会的に大きな課題になっている中、快眠策を探った。(財川典男)

 ◆高反発マットレス

 快眠グッズとして誰もが思いうかべるのはマットレスだ。高反発マットレス「マニフレックス」をイタリアから輸入・販売しているフラグスポート(東京都港区)の山根崇裕(たかひろ)社長は、「お母さん方は、子供の寝具を選ぶときに価格や色柄だけでなく、健康な睡眠のためを考えて慎重にしてほしい」と話す。

 熟睡するためには、立っているときの姿勢をそのまま保って寝るのが良い。「マニフレックス」は、高密度・高反発ウレタンフォーム「エリオセル」を素材に使用しており、横になったとき、沈み込んだ後でゆっくりと身体を持ち上げるので背骨や腰にマットレスがフィットする。この高い反発力が身体の圧力を分散させて支えるので、背骨や腰部のカーブに自然に適合した無理のない姿勢を保つことができる。これが快眠につながっているという。

 ◆ぴったり枕

 快眠には当然枕も重要。枕メーカーのロフテー(東京都中央区)は、枕を販売する「ピローフィッター」と呼ばれる資格制度を平成11年度に導入。初級、中級、上級があり、上級は学術的な睡眠に関する知識も問われる。資格取得者は、現在256人でこのうちロフテー社員は147人。残る109人は、百貨店の社員やホテル従業員など社外が占めている。

 ロフテーの上級ピローフィッター、矢部亜由美さんは、「快眠のための枕は、その人にあった高さが最も重要。そば殻、ウレタンといった素材は好みでよい」と話す。頸椎のカーブの形は個々人で異なり、それぞれにあった高さの枕が快眠につながる。ロフテーの枕は、横向きに寝るときのために両サイドが高く、後頭部を受け止めるために中央を低く設計。快眠に重要な首筋部分は高さが5段階ある。

 ◆温度コントロール

 温度管理も快眠を左右する。空調機器のダイキン工業(大阪市北区)は、「V字快眠温度制御」機能を搭載したエアコンを業界に先駆けて平成17年3月に発売した。テクノロジー・イノベーションセンター推進室の新井潤一郎技術企画担当部長は、「健康な睡眠は、入眠時に温度を下げて、起床前に温度を上げるのが良い」と指摘。睡眠5時間では、入眠時に3時間かけて温度を約2度下げて深い眠りを誘発、温度を1時間維持した後、起床の1時間前から徐々に約1度温度を上昇させるのがベストだ。

 寝冷えをきらって、寝るときにエアコンを切り、朝方暑くて目が覚めてエアコンを入れるというのがありがちだが、これは逆効果という。

 睡眠について科学的知識の普及教育を行っている日本睡眠改善協議会(東京都新宿区)の白川修一郎理事は、「日本は世界で睡眠についての教育が最も遅れている国」と指摘。快眠のためには、消費者も一時的な流行にとらわれずにさまざまな機会をとらえて勉強する必要がありそうだ。

                   ◇

【用語解説】睡眠キャンペーン

 自殺防止予防月間の3月から行われている政府キャンペーン。日本の自殺者数は平成10年から12年連続で3万人を超えている。中高年の自殺は、「鬱病」に起因するケースが多い。「鬱病」は自覚症状が少ないが、比較的自覚しやすい「不眠」に着目して、早期発見、治療につなげるのがねらい。3月中は、「お父さん、眠れてる?」をメーンコピーにしたテレビCMなども投入。4月からも内閣府のホームページなどで呼びかけを行っている。

高速料金「値上げ説明つかぬ」=小沢氏(時事通信)
発見化石は新属のクジラ=進化解明に期待−群馬(時事通信)
9項目の「検討の視点」を了承―規制・制度改革分科会WG(医療介護CBニュース)
刺し傷、5人に計44カ所=強い殺意か、愛知一家殺傷−県警(時事通信)
アカウミガメ 産卵期前に清掃活動…愛知・表浜海岸(毎日新聞)
posted by オカヤマ ユリコ at 14:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

ストーカー、被害届前に逮捕も 警察庁が方針通達へ(産経新聞)

 ストーカーなど男女間のトラブルが殺人事件に発展するケースが相次いだことを受け、警察庁は被害者の身に危機が迫っている場合には被害届が提出されなくても、加害者を障害や暴行の容疑で逮捕するなど、積極的な捜査を行うことを盛り込んだ指針をまとめ、週明けに全国の警察本部に通達する。

 指針は、宮城県石巻市で今年2月、少女(18)が以前交際していた少年らに連れ去られ、少女の姉と友人の女性2人が殺害された事件や、3月に茨城県神栖市で、主婦(36)が、トラック運転手の元夫(40)に殺害された事件など、男女関係のもつれが悪質なつきまといに発展し、警察が相談を受けていながら犯行を未然に阻止することができなかったケースの再発防止策として、警察庁が検討を進めていた。

 石巻市の事件では、加害者の暴力被害について少女が再三、警察に相談していたが、被害届の提出はためらい、提出を決めた翌日に事件が起きていた。

 指針によると、ストーカーや配偶者間暴力(DV)で、被害者がけがを負わされていたり、身に危機が及んでいることが明らかで、殺害などの重大事件に発展しかねない場合には、被害届を受けなくとも、傷害や暴行などの容疑で加害者の逮捕を検討。一方で、加害者に対しても、言い分を聞きながら、加害行為を自覚させてエスカレートしないようにするなど踏み込んだ措置を求めている。

 また、届け出をためらう被害者が少なくないことから、被害者に対し、事態を放置すれば重大事件に発展する可能性を理解してもらい、一時避難する措置を積極的に講ずることも挙げている。

 傷害や暴行などは親告罪ではないため、被害届がなくとも立件できるが、実際の捜査では、被害者の処罰意志の有無が公判の結果を左右することから、検察庁との連携上、被害届を受けることが通例となっている。

【関連記事】
63歳女がストーカー容疑
元同級生、2審も懲役15年 ストーカー殺人で札幌高裁
DVの警察認知数、2.8万件で過去最多 殺人や未遂も44件
最もセクシーなキャスターに涙 ストーカー犯の判決受け
因縁つけタイヤパンクさせる 川越・鶴ケ島で連続6件

山崎宇宙飛行士 「ママ、お帰り」家族ほっと(毎日新聞)
<アカウミガメ>産卵期前に清掃活動…愛知・表浜海岸(毎日新聞)
<伊賀市>20人の“忍者”参上 ロケ地誘致目指し(毎日新聞)
郵便不正公判 「自立支援法」供述 副検事が誘導認める(毎日新聞)
<鴻臚館跡事務所火災>連続放火の疑い 付近で5件の不審火(毎日新聞)
posted by オカヤマ ユリコ at 11:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

不明少年が守った兄のランドセル…発見現場周辺を捜索 佐用豪雨(産経新聞)

 昨年8月の台風9号による豪雨災害で行方不明となっている兵庫県佐用町立幕山小学校5年、小林文太君(10)が避難時に持っていた兄のランドセルが見つかったことを受け、県警は19日午前、発見現場周辺の捜索を開始した。

 ランドセルは18日午前、文太君が不明になった現場から約15キロ南の同県上郡町の千種川河川敷で8カ月ぶりに発見された。「兄ちゃんのランドセルがぬれたらあかん」と文太君が大事に抱えていたランドセルは、形が壊れることなく、きれいな状態だった。

 この日、県警は午前10時から、約50人態勢で捜索を実施。文太君の祖父の武さん(68)ら家族も参加した。周辺は県警や武さんが以前にも捜索した場所だったが、ランドセルが竹やぶから見つかったことを受けて、捜査員や武さんらは電動のこぎりやカマなどを使い、覆い茂った竹を取り除きながら、文太君発見の手かがかりを懸命に捜した。

【関連記事】
佐用町豪雨から8カ月 下流でランドセル発見
祖父「母親の仏壇に…まだ捜す」 兵庫・豪雨不明の小4へ修了証
佐用豪雨から4カ月 不明の2人の家族ら懸命捜索
土砂崩れの死者212人 ブラジル・リオ州
災害用伝言板を検索 ドコモなど携帯関連5社が来月1日から
外国人地方参政権問題に一石

<1Q84>朝からファン、書店「ありがたい話題」 名古屋(毎日新聞)
空自スクランブル299回 平成21年度、66%はロシア機 (産経新聞)
「シカに矢」男女2人組逮捕「シカ肉は高く売れると聞いた」(スポーツ報知)
山崎直子飛行士 赤いシャボン玉できた 長女の疑問に実験(毎日新聞)
<村本さん銃撃>死因は銃弾による失血 警視庁発表(毎日新聞)
posted by オカヤマ ユリコ at 22:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。