2010年06月02日

主力級の種牛5頭陰性…4回目検査(読売新聞)

 宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題で、県は26日、経過観察中の主力級種牛5頭について、25日に採取した検体が陰性だったことを明らかにした。

 7回の検査のうちの4回目。

 一方、一般家畜の感染拡大は続いており、25日夜には新たに同県川南(かわみなみ)など4町、26日には3町の計18農場が加わり、発生(疑い例も含む)は2市5町の218施設、殺処分される家畜は合計15万2357頭に達した。木城町(きじょうちょう)では、豚3頭がワクチン接種の2日後に発症したことが判明。県は「ワクチンの影響ではなく接種の効果が出る前に発症した」と説明している。

来月4日にも制限解除=宮崎県えびの市圏域―口蹄疫問題(時事通信)
明石の女性殺害 三男を指名手配 兵庫県警(産経新聞)
<参院選>政権窮地、浮き彫りに 普天間問題など批判厳しく(毎日新聞)
安全大使に「ひろみちお兄さん」=ライター事故防止、業界本腰(時事通信)
産廃処分、家族4人を逮捕=無許可で天理市に―大阪、奈良両府県警(時事通信)
posted by オカヤマ ユリコ at 04:43| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。